クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
クチコミ情報
習い事を講師で選ぶ。それも、習い事を続けたり、練習したり、上達されるために大事なひとつの方法である。講師が好きな人だったり、尊敬している人であると、人は認められたい、褒められたい、と努力をするからである。やはり、馬の合わない人、相性が悪い人、が講師だと、習い事の成果にも影響が出てくる。なにより、その習い事に行きたくない、行きにくい、行くのに勢いがいる、なんていう症状が出たりする。一方、講師の先生が好きならば、その講師に会いにいくという目的だけで習い事に行き続けることができる。やはり好き嫌いは重要である。男性講師の習い事に、ウキウキしながらいく中年女性の話を聞いたことがある。「この服買っちゃったのよ。ちょっとピンクは派手だったかしら。歳なのにね、でもかわいくしたくって」若々しい格好をしたり、丁寧に化粧をしたり、これが講師に会いに、習い事に行く原動力なのだ。「でもね、この前ちょっと怒られちゃったのよ。練習ちゃんとしてきてって。もー落ち込んだわー。今日は会う日だからこの服でいくのよ」会いにいくだけじゃなくて、上達したいと思えるともっといいのだけれど。なににしろ、習い事が楽しそうでよいですよね。。
講師