東京都|住宅ローンの不安はファイナンシャルプランナーに相談

【無料の企業PR広告】
■該当件数8件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次へ>
TOP > 東京都 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

住宅ローンの不安はファイナンシャルプランナーに相談


ファイナンシャルプランナーとは、金融、不動産、保険、税金、相続、住宅ローン、年金、教育資金等の知識を使って、顧客のライフプランを総合的にアドバイスし、実行を支援する専門家をいいます。

ライフプランとは、将来は田舎で暮らしたい、子供の大学費用を援助してあげたい、30歳までに住宅を取得したい、といったような誰しもが思い描いていることです。
このライフプランをお金に視点をあてて個人の人生設計をしたものがファイナンシャル・プランニングです。

人生には、必ずまとまった資金を必要とする場面ができます。
特に老後、住宅、教育に係る資金は高額で、老後資金、住宅資金、教育資金は三大資金といわれています。
早くから対策を立てなければ、用意するのは難しいと思います。

クルマの購入、住宅取得、大学の入学、退職等の出来事はライフイベントといわれます。
長引く不況、雇用の不安定、経済のグローバル化、少子高齢化、大増税時代、年金不安、インフレ等と社会環境の大きな変化によって、生活スタイルの多様化が起こったため、ライフイベントは個人によって大きく異なります。

一度しかない人生ですから、誰でもが楽しく不安のない人生をおくりたいと思う事でしょう。
アメリカやイギリスでは、ファイナンシャル・プランニングによって夢や希望の多くを達成することが大事という事が当たり前とされています。
日本では馴染みのないファイナンシャル・プランニングも自助努力、自己責任が問われてる今、これから先、経験することが起きるかもしれませんね。

資産運用というと日本では、儲けるといった面にばかり目がいくようです。
しかし、資産運用は長期にかけて地道に行うものです。
資産運用というのは、地道にやって、長い期間をかけて初めて資金を作り上げることができるのです。

住宅ローンも同様に長期にわたって返済していくものです。
今、手元に100万円があり、繰り上げ返済をしようとしている人がいたとします。
住宅ローンの金利が2%であれば、繰り上げ返済をすることは2%で運用し続けることと同じ効果が得られます。
もし100万円を繰り上げ返済せずに5%で運用し続けることができるなら、繰り上げ返済が必ずしも正しいこととはいえません。
繰り上げ返済は、結果としてリスクない資産運用と同様ですが、必ずしも私が繰り上げ返済を勧めないのは、金利によっては他に資金を回すことが有利となることがあるからなのです。

当事務所は、独立系のファイナンシャルプランナーです。
そのため、中立・公正に顧客の利益を優先することを心がけています。
安心してご相談頂ければ幸いです。

当事務所には、横浜に相談場所を設けていますが、お客様のご自宅への出張サービスもありますので、お気軽にお問い合わせください。

最近はスカイプもあり、神奈川、東京近郊のお客様以外もご利用ください。